丸洗い・しみ抜き

シミがついたときはお早めにお持ちください。付いた汚れはほとんどの場合取れますのでご安心ください。当店は京都のシミ落とし屋さん(職人)に直接送っています。古いシミもかなりきれいになりますが、変色・凝固して取れない場合は柄足しや金加工をすることもできます。
着物を着た後は陰干しをして湿気を取り除いてからおしまい下さい。長期保存をされる場合は見えない汚れが黄ばみになりますので丸洗いをしてからしまうのが安全です。
丸洗いとは着物を仕立てたままでクリーニングする方法です。京洗い・生き洗い・全体洗いなど、いろいろと呼ばれます。
ドライクリーニングと違うのは専用のドライ機と着物専用の薬剤を使うこと。また1点ずつ専門の職人が着物の加工方法や生地の状態に合した方法で洗うことです。
水性のシミや古いシミ・黄ばんだシミは丸洗いでは取れません。実際に当店に持ち込まれる着物のほとんどにこういったシミがあります。シミ落としは職人の長年の経験と技術により様々な薬品や用具・機器を使いそれぞれのシミにあった処置をします。しみ抜きでも取れない古いシミは脱色、彩色、金加工、胡粉塗、柄足しなどを行うこともあります。
当店では丸洗い価格に簡単なしみ抜きは含んでいます。それ以外のシミは別料金となりますが、できるだけ丸洗い共で1万円以内に収まるようにしています。お受けした時に大体の見積もりも致しますのでご相談ください。

 種別 丸洗い価格 (税込)
 小紋、紬、色無地 8,000円 
 訪問着・付け下げ  9,000円 
 黒留袖 9,000円 
 振袖 9,000円 
 長襦袢半衿付き  6,000円 
 振袖用長襦袢 6,500円 
 七五三、子供物 6,000円 
 ゆかた 1,000円 
 ゆかた(総絞り) 2,000円 
※丸洗い価格はシミによりまして変わりますのでご了承の上ご相談ください。
※シミ抜きだけでも承ります。ご相談ください。

洗い張り・仕立て替え

着物は解くと1反の反物に戻ります。着物を解いて端縫いして継ぎ合わせて洗い、それを張って元の反物に戻すことを洗い張りといいます。
解きますのでシミ落としやその他加工もしやすく縫い目や折り目も取れますので仕立て変えて新品に近い状態になります。
古い着物で汚れが多いものや寸法が合わない着物は洗い張りをしてお仕立て直しをすることをお勧めします。汚れやカビも取れて新品に生まれ変わります。身丈の足らない着物は胴接ぎもしてぴったり寸法にできます。上前のシミを下前に切り替えたり、紬の場合は裏側で仕立てることもできます。また、着物を羽織やコートに仕立て替えることもできます。
洗いでは取れない古いシミや変色は別料金になります。当店に持ち込まれる着物は、ほとんどの場合こうしたシミはありますので、ある程度のしみ抜き料金は含んでいます。特別な柄足しや地色替えなどはご相談ください。

 種別 解き端縫い洗い張り価格 (税込)
 小紋、 12,000円 
 訪問着・付け下げ  12,000円 
 黒留袖 14,000円 
 振袖 14,000円 
 長襦袢  8,000円 
 胴裏 3,000円 

※ある程度のしみ抜き料は含みますがシミの状態によりましては変動します。
※胴裏の変色は取れません。胴裏は洗っても使えないことが多いです。

 種別 お仕立て代価格 (税込)
 小紋袷・紬袷 25,000円 
 訪問着袷・付け下げ袷 30,000円 
 振袖袷 35,000円 
 黒留袖比翼付き袷 40,000円 
 長襦袢(半衿・力布共) 14,000円 

※お仕立ては国内一級和裁士の手縫い仕立てです

補正染め加工

目引き染め・・・淡い無地を全体にかけて地味にします。

   
 派手になった着物にブルーを掛けて  地味になりました

柄足し・・・しみ抜きで取れないシミに柄を書きます。

  
 取れないシミに 花を描きました

着物のことなら松葉屋へ

浴衣

特別奉仕品の一例

営業時間・休日

営業時間:
AM9:00~PM7:00
休日: 毎週 水曜日

※休日も着付けはしますのでご予約下さい。
大分県中津市一ツ松50-8
TEL:0979-24-0117

お問い合わせ
※地図はこちら